片岡隆浩研究准教授が日本原子力学会中国・四国支部支部奨励賞を受賞

日本原子力学会の中国・四国支部幹事や大会現地(岡山)委員会メンバーなど当該学会支部の発展に貢献してきました。また,研究では低線量放射線の健康影響と医療応用について酸化ストレスの観点から実施し,原著61件や著書6件を成果発表しています。さらに,日本放射線影響学会奨励賞や放射線影響研究奨励賞などを受賞しています。このように活発な学会活動を行い,我が国の原子力・放射線研究の進展にも貢献してきたことが評価され,今回の受賞となりました。
 

県外移動と、鹿田キャンパスへの入構 (2020.7.6)

県外への移動目的と、鹿田キャンパスへの入構について

 県外へ移動学生への対応Q&A_0703更新
 7月3日付で上記ファイルのようになりましたので,該当県に行った学生はご注意下さい。

要 約
北海道,東京,千葉,埼玉,神奈川,大阪に行った学生は(就職面接,帰郷等を含む),帰岡後2週間は自宅待機をして下さい。
その他の地域へ行った学生も,体調に気をつけながら登校して下さい。
詳しくは上記ファイルを参照して下さい。

外出および県外移動の取り扱い

学生および教職員に対して,外出および県外移動の取り扱いについて次のファイルのようになりました。
 新型コロナウイルス対策本部決定通知_20200618
 よく読んで行動して下さい。

概 要
1. 外出について
 原則自由。
 ただし、クラスターが発生している施設への出入りは、感染防止策の状況を確認し、慎重に判断すること。
2. 県外への移動について
 仕事や帰省は、制限なし。
 ただし、感染が続いている地域へ移動する場合は、移動先の流状況や各都道府県が出す情報等を確認し、慎重に動すること。