学科長からのメッセージ

研究科長・学科長 廣畑 聡
研究科長・学科長
廣畑 聡

ようこそ!岡山大学医学部保健学科へ

 ホームページをご覧いただきありがとうございます。新型コロナウイルスによる感染拡大の中で、医療の重要性が広く認識されています。今の医療においてメディカルスタッフの貢献度は非常に大きいものがあります。現在の社会的情勢の中で、岡山大学保健学科での学びを継続できることを貴重に思いつつ、社会の要請にしっかり応えられる教育を提供していく必要があります。

 岡山大学医学部保健学科は1921年(大正10年)に設置された岡山医学専門学校附属医院看護婦養成科をその起源にもち、2021年(令和3年)には100年を超える歴史をもっています。本学科は医学科や歯学科とともに大学病院を中心とした医療系キャンパス(鹿田キャンパス)に位置し、看護学専攻・放射線技術科学専攻・検査技術科学専攻の3つの専攻に分かれ、看護師、保健師、診療放射線技師、臨床検査技師の育成を行っています。医療技術のみではなく、豊かな人間性を備え、高度な医療・チーム医療・高齢社会の医療福祉・医療の情報化・デジタルトランスフォーメーションに対応でき、国際医療の場で活躍できる人材の育成を目指しています。

 岡山大学は地方国立総合大学として屈指の規模をもち、3専攻とも1年次は津島キャンパスで主に教養科目と一部の専門科目を学びつつ、サークル活動などを通じて他学部の学生やさまざまな人々と交流の輪を広げ、メディカルスタッフとして何をすべきか、チーム医療の実践のために身につけるべきことは何かを共に考え、豊かな人間性を育むことができます。

 また、臨地実習は同じキャンパス内にある岡山大学病院などで行われ多様な専門職や教員、学生との交流を通して、高度な専門知識と技術を学び深めるだけでなく、全人的医療やチーム医療を実践するための土台を築くことができます。隣接する岡山大学病院では、各種臓器の移植医療、X線透視下にカテーテル操作で治療を行うInterventional Radiology(IVR)、体外受精などの生殖医療、バイオバンクやがんゲノム医療など、国内最先端の医療が行われており、医療の最前線に直接触れることができます。

 さらに保健学科では、シーマハサラカム大学(タイ国)との交流やダラスバプティスト大学(アメリカ)への留学、あるいは1年次のチーム医療演習における海外協定校(台湾・韓国)での英語を用いたプレゼンテーション・世界最高水準の病院施設見学など、国際交流にも力を注いでおり、将来、世界に羽ばたいていくことのできる人材の育成を目指しています。胚培養士(体外受精などの生殖医療で精子・卵子・受精卵などを取り扱う職種)などの養成コースもあり、実践的な資格の取得も可能です。岡山大学での学生生活の間に、留学やボランティアなどを通じて、新たなことにチャレンジする精神を身につけてください。岡山大学はSDGs(Sustainable Development Goals)を推進しており、自己研鑽を継続して、活動の成果を社会へ還元することのできる課題解決能力を身につけたメディカルスタッフの養成を目指しています。

 健康の維持・増進、また病気をもった方を支える仕事に就きたい、国際的な医療活動に興味がある、と考えているみなさんに、入試関連情報、学科長と語る会、オープンキャンパスを通して、もっと岡山大学医学部保健学科のことを知っていただきたいと思っています。ぜひ、アクセスしてみてください。私たちは、夢に向かって学ぶ学生に未来への可能性や選択肢をどんどん広げてほしいと考えています。ともに歴史を作っていきましょう。

2021年4月1日