臨床実習に関する注意事項 (2020.8.21)

臨床実習を行う学生の皆様

夏休みがあけての臨床実習再開や、今後、秋以降の新規の臨床実習が開始される場合に,これまでに決まりました以下のルールを、再度周知するよう学務課から連絡がありました。

■ 体調不良について
発熱・咳・鼻水などの風邪症状等があった場合は、無理せず指導医、教務担当に連絡するようにお願いいたします。

■ 県外移動について
県外移動について 参照
 県外移動について(私的な訪問や帰省も含みます)原則禁止とします
 県外に出た場合、帰岡後、2週間(336 時間)は⿅⽥キャンパスに⼊らず⾃宅待機してください。
 帰省の場合、2週間の余裕をみて岡山に戻ってください。
 2週間後に体調等、異常なければ授業に参加できます。
 ※県外での試験(採用試験・面接、外国語検定試験、USMLE 試験等、将来に関わる試験)について
  予め指導教員を通じて部局⻑の許可を得て県外に出ることを許可します。帰岡後の対応:
    多発発⽣地域(*注 1)の場合 → 2週間の⾃宅待機
    多発発⽣地域以外の場合 → 体調に異常がなければ待機不要

■ 臨床実習ガイドライン
臨床実習ガイドライン 参照
(1)臨床実習を開始するための3つの必要条件
 ・岡山県より外に出ていない期間が 14 日間(336 時間)以上続いている。
 ・直近 2 週間(14 日間)、37.5 度以上(あるいは、平熱より 1 度以上)の発熱、咳・鼻水、嗅覚・味覚異常などの COVID-19 を疑わせる症状が出ていない。
 ・直近 2 週間(14 日間)、普段接触している方が COVID-19 に罹患していない。