教員紹介 ―専任教員―

山岡 聖典
氏名 山岡 聖典
name YAMAOKA, Kiyonori
職位 教授
所属 岡山大学大学院保健学研究科保健学専攻
放射線技術科学分野 放射線健康支援科学領域
E-mail yamaoka◎md.okayama-u.ac.jp
(迷惑メール対策のため「@」を「◎」で表記しています)
専門 放射線健康科学,健康長寿科学(Radiological Health
Science, Healthy Longevity Science)
授業
学部:
卒業研究
臨床医学特別実習
放射化学Ⅰ,Ⅱ
放射線計測学
放射化学実験
放射線計測学実験Ⅱ
放射線安全管理学実験
チーム医療演習
放射線安全システム工学
(工学部)
環境と健康(教養)


博士後期課程:
放射線健康支援科学特別研究
放射線生命・健康科学特講
放射線生命・健康科学演習
放射線安全学特講
放射線計測・応用学特講
放射線特殊治療学特論
放射線安全・医療応用学演習
博士前期課程:
放射線健康支援科学特別研究
放射線健康科学特論
放射線健康科学演習
ヘルスプロモーション科学
放射線と人間
環境と人間活動
放射線防護学
放射線計測学
原子力基礎工学Ⅰ,Ⅱ
放射線安全・医療応用学演習
研究テーマ
著書/論文
主な研究テーマ:
(1)低線量放射線の健康への影響と医療への応用に関する研究 (Study on Health Effects and Medical Applications by Low Dose Radiation): 特に低線量放射線による抗酸化系機能などの生体防御機能の活性化と多くが活性酸素に由来する生活習慣病に対する予防・治療への応用の可能性について,多くの成果を挙げている。ラドン温泉適応症の機構解明もその一つで,世界的にも有名な学内の研究施設と医療施設を利用して本格的な研究を推進している。
(2)環境ストレス生体応答の解析と健康長寿の実現に関する研究(Study on Analysis of Environmental Stress Biological Response and Realization of Healthy Longevity): 様々な人間環境ストレス因子による生体への健康影響やこれに対する生体の応答の評価・解析法などについて,総合システム的な観点から開発・応用をしている。また,適量環境ストレスの種々再現による健康長寿の実現を志向し,最適な医療指標に基づいた定量的な研究とその推奨をしている。
(3)環境放射能の動態解析と放射線防護の合理化に関する研究(Study on Change Analysis of Environmental Radioactivity and Rationalization of Radiation Protection): 原子力施設における環境放射能の動態解析や放射性廃棄物の分別管理・処理・処分に関する安全性向上研究において多くの成果を挙げてきた。現在,東電福島第一原発事故などに伴う低線量放射線による健康や社会影響に関する研究を通じ,より合理的な放射線の防護体系の構築などを志向した検討を推進している。
 
主な関連著書・総説・特許:
(1)山岡聖典,改訂版 環境と健康を科学する-放射線の不思議な生体作用-,健康新聞社,177頁,2017
(2)山岡聖典他4名,教科書 放射線実験学,岡山大学出版会,138頁,2010
(3)K.Yamaoka, Activation of Antioxidant System by Low Dose Radiation and its Applicable Possibility for Treatment of Reactive Oxygen Species Related Diseases, J. Clin. Biochem. Nutr. 39(3),114-133,2006
(4)山岡聖典,放射線を正しく恐れる 低線量放射線の健康への有益効果と医療への応用の可能性,学術の動向 日本学術協力財団16(11),75-79,2011
(5)山岡聖典他1名,ラドンミスト発生装置,特許第5066910(OP22247),2012

dr_yamaoka_fig001図 主な研究概念

研究キーワード 低線量放射線,ラドン温泉,健康長寿,生活習慣病,老化,環境酸化ストレス,生体適応応答,生体防御機構,環境放射能,放射線防護
URL 山岡研究室:http://www.cc.okayama-u.ac.jp/~kataokat/