教員紹介 ―専任教員―

氏名 小野 智美
name ONO,Satomi
職位 教授
所属 岡山大学大学院保健学研究科
看護学分野 成育看護学領域(小児看護学)
E-mail onosatomi◎s.okayama-u.ac.jp
(迷惑メール対策のため「@」を「◎」で表記しています)
専門 小児看護学,小児保健
授業 学部 小児看護学概論
小児看護学Ⅰ
小児看護学Ⅱ
小児看護学実習
卒業研究
チーム医療演習
卒業関連実習
健やかに生きるための発育・発達
大学院 【博士前期】
小児看護学特論
小児看護学演習
乳幼児発達学特論
成育看護学特別研究
研究方法論
【博士後期】
小児看護学特講
小児看護学演習
成育看護学特別研究
看護学研究特講
研究テーマ
著書/論文
1)子どもの自律性についての概念分析

2)日帰り手術に向けての幼児の自律性を支援する看護介入プログラムについての効果研究

3)大都市・都市部以外に居住する幼児の経皮水分蒸散量(TEWL)基礎的調査

4)幼児の皮膚バリア機能を入院中の心理・生理的アセスメント指標に応用するための先駆的研究

主要論文
・「子どもの自律性」の概念分析、日本看護科学会誌,23巻4号,71-79頁、2004.

・日帰り手術に向けての幼児の自律性を親と協働して支援する看護介入プログラムの開発,第1報,2007

・Development of the Parental Self-Efficacy Scale for Child Autonomy toward Minor Surgery (PSESCAMS): based on results of questionnaire surveys of parents raising children between 3 and 6 years old. Japan Journal of Nursing Science, 11,3,151-159, 2014.

・Basic study on Transepidermal Water Loss(TEWL) of infants living in urban and non-urban areas and their environmental factors. J Preg Neonatal Med.1:1-6,2017.

研究キーワード 幼児,医療処置,プレパレーション,自律性,TEWL(経表皮水分蒸散量),SCWC(角質水分量)
主な所属学会  日本小児看護学会、日本看護科学学会、日本小児アレルギー学会