社会人入試(学部)の Q&A

保健学科:社会人入試の出願資格が変わります!

社会人入試の出願資格が以下のように変更になりました。
「・・・3年以上の職歴(家事に従事した期間や大学時代のアルバイトを含む。)を有する人で・・・」
これによって、大学時代に3年間のアルバイト経験のある方も受験が可能になります。

これまで、社会人入試は「やっぱりもう一度大学で学び直したい」「大卒の学歴が欲しい」といった、大学入学への意欲を持った社会人のために用意されていた制度でした。岡山大学医学部保健学科では、社会人としての定義にあたる“職歴を”家事だけでなくアルバイトも含めることにしました。
現在大学で学んでいる方であっても、3年間のアルバイト経験があれば社会人として、受け入れることが可能な制度になります。

Q1

現在大学4年生ですが、3年間のアルバイト経験もあります。大学卒業見込みになりますが、受験は可能ですか?

A1

3年間のアルバイト経験がありますので、受験可能です。

Q2

4年制大学卒業後に、社会人入試で入学した場合、1年生からの入学になるのでしょうか。

A2

1年生からの入学になります。
ただし、入学前に卒業した大学で取得した単位(一般教養など)を認定することが可能です。
したがって、単位が認定されれば時間に余裕ができるので、興味のある研究室で研究に参加することが可能です。また、このような研究マインドの高い学生を求めています。

Q3

3年次編入学試験との違いは何ですか?

A3

3年次編入制度は、基本的に医療系資格(看護師,放射線技師,臨床検査技師)を取得する短期大学、専修学校専門課程を修了した人又は卒業見込みの人のための制度でした。この社会人入試資格の変更によって、他分野で学ぶ学生も受験がしやすくなります。

Q4

受験科目は「小論文」と「面接(口述試験を含む)」だけでしょうか?

A4

そのとおりです。
また、提出された書類も成績評価の対象となります。

Q5

アルバイト経験の証明書は必要でしょうか?

A5

証明書の提出は必要ありません。
出願書類にアルバイトの職歴を記載するようになります。
ただし、入学後に虚偽記載が判明した場合は入学が取り消される場合があります。