2006年度第2回東北タイ研修レポート

研修レポート

 学生7名と教員2名(近藤、柴倉)の計9名で、東北タイ研修を実施しました。

日程 2007年3月3日~9日
3月3日 11時10分 関西空港からタイへ向けて出発
3月4日 バンコク近郊の寺院見学
3月5日 13時 コンケーン県からタイ東北部・マハサラカム県へ移動
3月6日
午前
マハサラカム病院見学
午後
オリエンテーション・大学の紹介と大学案内
一年生との交流会では、日本とタイの伝統文化を披露しました
3月7日 一日 ラオス国境方面の地域を見学
夜 看護大学卒業パーティーに参加・看護学生と交流
3月8日
午前
保健センター・村の見学
午後
マハサラカム県からバンコクへ移動
バンコクから日本へ向けて出発
3月9日 7時10分 関西空港到着
おつかれさまでした
図書室で看護学生とお話をしました

図書室で看護学生とお話をしました

有名な暁の寺を仰ぐ

有名な暁の寺を仰ぐ

日本のゆかたを着てもらいました

日本のゆかたを着てもらいました

タイの伝統的な薬の説明を受けています

タイの伝統的な薬の説明を受けています

卒業パーティーで日本の歌を熱唱

卒業パーティーで日本の歌を熱唱

研修の感想

「手作りのパーティーで、心から私たちを歓迎してくれた看護学生たち。
感動しました!」