国際交流

 保健学科(学部及び大学院保健学研究科)では国際交流活動を組織的・戦略的に行っています。国際交流を推進することの意義は、日本の保健医療システムを世界のスタンダードに照らし合わせ、国際的な医療人を育成するために何が必要なのか、そして、保健・医療・福祉の国際化時代にあって保健学科・保健学研究科の使命は何なのかを、正面から考える機会をもつことにあります。本学科・研究科では国際交流を通して、グローバル化社会の中で新しい時代を切り開いていく専門職業人の育成を支援します。

[東北タイ研修]

 毎年3月初旬に、学年に関係なく学生8名が保健学科教員2名の引率のもと1週間タイ国研修に行っています。この活動は2006年から始まっています。タイ国には国際機関の事務所が多く設置されており、大学関係者はWHO等から保健医療専門家として世界中に派遣されているため、学ぶことは非常に多くあるといえます。岡山大学と交流の深いチュラロンコン大学(バンコク都)や、マハサラカム看護大学(マハサラカム県)のバックアップのもと、充実した大学の視察や学生との交流ができます。さらに、国際機関(ILO、FAO、UNICEF)やJICA事務所への訪問、大学病院や総合病院の見学、地域保健の現状を知るために村の活動の場や家庭への訪問などもおこなっています。海外が初めてでも、英語を自由に話せなくても参加できます。さらに研修費の一部を補助する制度があり、学生の海外研修を積極的に推し進めています。

外国での体験は、帰国後の勉強への意欲につながる!?

 これまでの参加者は次のような感想を述べています。
「タイの方の人なつっこい笑顔がとても印象的で、見ていると幸せな気持ちになれました。話す言葉は違っても笑顔は世界共通!」(検査3回生)
「国際機関への訪問や、同じ看護を志すタイの学生たちと交流して、国際的に物事を見たり考えたりすることの重要性を実感できました」(看護3回生)
「同じ夢をもつタイの学生たちとふれあった事で、彼らの考え方や文化などから大きな刺激を受けました。自分自身のモチベーションアップにもなりました」 (看護2回生)」

東北タイ研修レポート

2007年度第3回東北タイ研修レポート

[チーム医療演習(海外班)]

2018年9月9日から12日にかけて、教員2名、学生19名が韓国・釜山にある釜山カトリック大学を訪問しました。
これは1年次科目である「チーム医療演習」の一環で、国際交流を通じてチーム医療について学び事を目的としています。
学生たちは英語でコミュニケーションを取りながら、一緒に授業を受けたり実習を行いました。
釜山カトリック大学とは、部局間協定を締結しており、今後も相互の国際交流を行う予定です。

今回の訪問が釜山の新聞記事に掲載されました。
http://m.busan.com/m/News/view.jsp?newsId=20180912000207


[O-NECUSプログラム]

「岡山大学と中国東北部の5大学は,優れた人材の育成を共同で行い,大学院学位の国際的通用性,質の保証,国際水準の教育の提供を図るプログラムを構築することの必要性から,コンソーシアムを構築,共同プログラムを実施する」というプログラムです。O-NECUS(オネックス)は,Okayama University-North East China Universities platform, Graduate Student Exchange Program の略称です

詳しくは「O-NECUSプログラム(https://www.okayama-u.ac.jp/user/ouic/japanese/interstudents/students_inbound/o-necus.html)」をご覧下さい

過去に二名,2018年度現在三名の学生を受け入れています。
さらに,post-O-NECUSとして博士後期課程の学生もいます。


[短期研修プログラム]

吉林大学白求恩医学部と岡山大学医学部・大学院医歯薬学総合研究科・大学院保健学研究科はO-NECUSプログラムやキャンパス・アジアプログラムなどでこれまで交流を継続してきました。そして,2018年に新たな短期研修プログラムを開始しました。

2018年度 吉林大学白求恩医学部より受入

保健学科での学生講義や医学研究に関する講義、岡山大学病院で行われている先端研究についてのセミナーを受講し、鹿田地区で開催される免疫に関する国際シンポジウムに参加しました。また、教員に加えて、医学部保健学科の学生、保健学研究科に留学中の中国人留学生を交えた交流会を開催しました。学生たちは約5日間の予定で医学に関する講義や日本文化を学び、体験をする予定です。

吉林大学 白求恩医学部 学生7名 修士課程学生3名 教員2名
時期:2018年10月22―28日