研究科長からのメッセージ

 岡山大学は多くの学部・研究科を持つ総合大学です.特に,医学部は長い続いた伝統を持ち,日本でも有数の医療の拠点である大学病院を持っています.その医療キャンパスの中で,岡山大学大学院保健学研究科は,看護学,放射線技術科学,検査技術科学の3分野において,博士前期課程・後期課程の大学院生を受け入れています.
教員とともに,看護師,保健師,助産師,診療放射線技師,臨床検査技師の国家資格を持つ学生や就労経験者,さらには,心理士や栄養士など,医療・保健に関連するあらゆる職種の人々が教育,研究,実践的な活動などを行っています.

 岡山大学大学院保健学研究科では,学部での教育を基礎として更なる資格を取得することが可能です,助産師の国家資格取得に向けた助産コース(博士前期課程)を始め,がん看護専門看護師(CNS)コース(博士前期課程),医学物理士コース,放射線安全・医療応用学コース(博士前期・後期課程)を有し,医療や保健を支える高度な能力を持つ職業人を養成しています.また,医-農連携により,胚培養士(エンブリオロジスト,(体外受精などの生殖医療で精子・卵子・受精卵などを取り扱う職種)の資格取得を目指す生殖補助医療技術キャリア養成特別コースも開講しています.

 グローバルな視点での国際共同研究,自治体や企業,他大学と連携した研究や実践,市民を対象とした保健・啓発活動など,岡山大学大学院保健学研究科が関与する研究や実践の場は,近年,ますます広がっています.このような私たちの活動フィールドにおいて,更なる自己研鑽を希望する研究者や教育者を受け入れ,学位の取得に向かって支援しています.
また,リカレント教育にも力を注いでおり,10年を超える歴史を持つ助産師リカレント教育プログラムである『「妊娠中からの母子支援」即戦力育成プログラム』(文部科学省「職業実践力育成プログラム」(BP)認定)では,就労・非就労助産師が,再び,大学を訪れ,広い視野と最新の知識やスキルを獲得しています.

 岡山大学大学院保健学研究科は,歴史と伝統を礎(いしずえ)としたうえで,新たな発想で種々の課題にチャレンジすることで達成した教育,研究の成果を社会へ還元し続けています.この旗印のもとに集う人々を求めています.

研究科長 中塚 幹也

研究科長 中塚 幹也