研究科長からのメッセージ

 21世紀の医学・医療は科学の進歩や社会構造の変化によりめざましい発展を遂げてきました。特に再生医療、移植医療など高度先進医療の分野で急速な発展が見られる一方、我が国では少子高齢化が進み、疾病構造の変化とともに、疾病の治療やケアのみならず、健康の維持や疾病の予防・管理、また生活の質の向上など統合的な医療をめざす保健学の重要性が増しています。

本研究科は広くかつ深い専門知識と高い技術を身につけ、豊かな人間性、深い倫理観、ニーズをくみ取る感性等を併せ持つ保健医療を担うリーダーとなりうる中核的人材を育成するとともに、次世代を担う保健医療研究の推進を目指しています。

人々が健康で充実した生活を送るための医療・保健・福祉を統合した健康の推進活動である「ヘルスプロモーション」を「全人的ケア」および「チーム・ケア」により実践できる人、また高度な科学的知識や専門技術の修得をめざす研究マインドを持った人の入学を切望しています。

研究科長 竹田 芳弘

研究科長 竹田 芳弘