• ホーム
  • 研究科案内
  • アドミッションポリシー・カリキュラムポリシー・ディプロマポリシー(博士前期課程)

アドミッションポリシー・カリキュラムポリシー・ディプロマポリシー(博士前期課程)

アドミッションポリシー

保健学研究科では、以下のような人を求めています。

保健・医療の基礎知識と豊かな人間性、優れた感性を持つ人
人々の幸福と健康の増進に貢献しようという情熱と気概がある人
協調性と柔軟な発想を持ち、将来、チーム医療の中核になれる人
保健・医療・福祉、および関連分野の高度の専門知識と技術の修得を目指す人
機器・技術・教育プログラムの開発に携わるため、研究の基礎能力の修得を目指す人

カリキュラムポリシー
保健学研究科では,多様な専門性を身につけた学生に対して,以下の方針に基づいた教育研究を実施します。

研究の基礎能力と保健・医療に携わる者としての素養を育てるために,3分野共通のコア科目を設けています。
助産師,がん看護専門看護師,細胞検査士の育成にあたっては高度の専門知識と技術に加えて,研究の基礎能力を身につくようなコース編成となっています。
助産師,がん看護専門看護師,細胞検査士の育成にあたっては岡山大学病院,地域中核病院,および診療所での実習,演習を取り入れて,実践に結び付いた教育を行っています。
研究の中間段階で,他の大学院生や教員の質問や意見を参考に自分の研究の問題点や位置づけがわかるようにしています。

ディプロマポリシー

保健学研究科では、論文にまとめた研究成果が研究科の定める学位授与の水準を満たしていることに加え、以下の要件を満たしている人に学位を授与します。

保健学の実践を通してヘルスプロモーションの実践に貢献できる。
保健・医療チームの中核として全人的な保健・医療を提供できる。
研究の基礎能力と探究心を持ち、生涯にわたって自己研鑽できる。
社会・環境の変化にも柔軟に対応できる。
高度の専門知識と技術を持ち、保健・医療・福祉の向上に貢献できる。