• ホーム
  • 研究科案内
  • アドミッションポリシー・カリキュラムポリシー・ディプロマポリシー(博士後期課程)

アドミッションポリシー・カリキュラムポリシー・ディプロマポリシー(博士後期課程)

アドミッションポリシー

 保健学研究科では、以下のような人を求めています。

人間や物事の本質を見抜く感性を持つ人
多角的かつ包括的な視点と包容力を持ち、将来、医療 ・ 保健チームをリードする素質を持つ人
研究の基礎能力と真理への探究心を持ち、ヘルスプロモーション科学の確立を進めていく可能性を持つ人
保健・医療・福祉分野の研究者・教育者を目指す人
将来保健・医療・福祉の領域で国際的な活動・貢献を目指す人

カリキュラムポリシー

 保健学研究科では,多様な専門性を身につけた学生に対して,以下の方針に基づいた教育研究を実施します。

チーム保健・医療をリードする能力を養うための共通コア科目を設けています。
学会発表を義務付け他大学の教員や保健医療機関の職員の質問や意見を理解し,自分の研究の問題点や位置づけができるようにします。
他の研究科や他の大学の研究者との交流を通して,自分および他の研究者の研究を広い視点から理解・評価する能力を養えるようにします。
また,異分野との交流を通して,異分野の叡智をヘルスプロモーション科学の確立に活用できるようにします。
国際的視野と英語能力を育てるために,国際学会における英語での発表を奨励します。

ディプロマポリシー

 保健学研究科では、論文にまとめた研究成果が研究科の定める学位授与の水準を満たしていることに加え、以下の要件を満たしている人に学位を授与します。

保健学の実践・教育・研究において指導的役割が担える。
保健学の実践・教育・研究を通してヘルスプロモーションの実践と確立に貢献できる。
保健・医療・福祉教育の向上と保健・医療分野の人材育成に貢献できる。
自立した研究能力を持ち、機器・技術の開発等を通して保健・医療・福祉に貢献できる。
柔軟な発想と多角的視点を持ち、グローバル化等社会の変化に迅速に対応できる。