キャリアサポート

キャリア支援

 看護学専攻では、先輩の話を聞く会の開催、就職試験の情報提供、面接の受け方等の説明会を行っています。
 放射線技術科学専攻では多様な場面で活躍するため、第1種放射線取扱主任者の国家資格取得のための支援、教員との個別面接による進路支援、卒業生による支援もあります。
 検査技術科学専攻では、健康食品管理士認定試験や、日本生体医工学会が実施・認定する第1種・2種ME技術実力検定試験等の受験支援を行っています。


インターンシップ

 看護学専攻では、4年次の夏季休暇を利用して様々な病院のインターンシップに参加し、先輩看護師と一緒にケアを実施しながら実際の看護の現場を体験しています。
 また放射線技術科学専攻では、4年次の夏季休暇を利用した病院や企業の見学に関する支援を行っています。
 検査技術科学専攻では、4年次になる前の春季休暇および4年次の夏季休暇における病院見学や、病院実習を奨励しています。先輩方の話を聞いたり就業体験を行うことで将来目標がより明確となる良い機会となっています。


国家試験対策支援

 各専攻では4年次に試験対策のオリエンテーションを行い、国家試験までに3~4回の模擬試験を実施します。また保健学科棟内に国家試験対策の資料や過去問題集の閲覧スペースを設けています。さらに、自宅からもインターネット経由で学習できる、国家試験対策Web Based Testingを整備しています。
 放射線技術科学専攻では、医療技術の発展に伴い国家試験レベルが向上しているため、3年次からほぼ全員が第1種放射線取扱主任者の国家試験を受験して診療放射線技師の国家試験に備え、4年次後期に特別講義を行っています。
 看護学専攻、検査技術科学専攻でも各教員が講義の中で国家試験対策を進めています。

進路ガイダンス

進路ガイダンス

▲クリックで拡大します。