看護学専攻

看護学専攻のイメージ
看護学専攻のイメージ

人々の健康を守る、看護学専攻

人間性豊かな看護者の育成をめざして ―

 看護学専攻の教育目標は、人間の主体性とプライバシーを尊重し、専門的な看護知識と技術を用いた看護を行うこと、科学的判断及び創造的思考に基づき、さまざまな健康レベルの人に対して看護実践ができること、および看護学の発展や国際化に貢献できる看護者を育てていくことです。


卒業により得られる学位 学士(看護学)
卒業により得られる国家試験受験資格 看護師,保健師※1
※1:保健師課程は選択制です。→ 【保健師課程選択制PDFを別ウィンドウで開きます。
保健師の国家試験に合格後、申請により取得可能な資格 養護教諭(2種)※2,衛生管理者(1種)
※2:所定の単位を取得した者に限る
国家試験合格率(平成27年度) 看護師国家試験/100% 保健師国家試験/100%

看護学専攻長 猪下 光

看護学専攻長
猪下 光

皆さんの青春を燃やしてみませんか

 社会の看護師に対する期待が高まっています。その背景の一つに高齢者人口の増加がありますが、何よりも医療の質に、看護師の果たす役割の大きさが認識されてきたことによります。
看護学専攻では社会の期待に応える看護師を送り出すために、看護学や医学の専門知識を習得する授業を行っています。ともに、また総合大学の強みとして、他学部・学科の教員による豊かな人間性を養う授業が行われています。病院実習は、主に同じ敷地内にある岡山大学病院で行います。
このように当学科では、皆さんに自慢できる教育環境を備えています。豊かな人間性と専門知識を兼ね備えた看護師を目指し、看護学専攻で学んでみませんか。


保健・医療のための能力を身につける5つの学び

 我が国で国家資格を持つ看護の専門家には看護師、保健師、助産師があり、国内外の医療現場や地域等で幅広く活躍しています。医療チームの中で看護師の果たす役割は重要になっており、看護教育の大学化が加速しています。そこで看護学専攻では、以下の5つの能力を獲得するための教育を強化します。

人間性に富む医療のための豊かな教養
津島キャンパスでは、主として教養教育科目を履修すると共に、交流を通して豊かな教養、幅広い視野と独創性、人間性に富む医療を実践するための感性を身につけます。

あらゆる人々の健康促進のための専門性
看護専門科目では、様々な健康レベルにある人々を総合的に理解し、その人の最適な健康状態を目指した看護を学びます。岡山県下の医療施設での実習を通し、幅広い視点と倫理観に基づいて人間を理解することを学びます。

健康二ーズに応え、発信する情報力
医療系学部共通科目として、チーム医療論、カウンセリング、医療経済学、災害危機管理論、ボランティア実践、救急救命医療等があります。主体的に医療のニーズを学ぶことにより、情報発信する能力を養います。

医療・保健に関するリーダーとしての行動力
鹿田キャンパスでは、医学部、歯学部、薬学部の学生や岡山大学病院のスタッフとの交流を通して刺激を受け、ロールモデルとすることができます。多様な医療チームとの交流の中でコミュニケーション能力、行動力、リーダーシップを身につけます。

健康的な生活を追い続ける自己実現力
大学での4年間の学びを通して、医療人として信頼される豊かな人間性と教養を備え、生涯にわたる内省的実践に基づき、自己をマネジメントすることや自己実現を図っていく力を養います。

学内演習(血圧測定)

学内演習(血圧測定)

看護学実習(車イスによる患者搬送)

看護学実習(車イスによる患者搬送)


医学部保健学科 看護学専攻の理念

  1. 看護は病気をもっている人ばかりではなく、あらゆる人々が対象で、看護ケアを通して、人々がより質の高い生活を獲得することを目標にしています。
  2. あらゆる健康レベルの人々の看護を実践するために、看護職は病院、診療所、地域、企業、学校といった広い領域で活躍しています。
  3. 看護職は保健・医療・福祉チームのメンバーとして機能しています。
  4. 看護は特に深い人間理解と、専門的な知識および技術、さらに心理・社会科学及び生活技術の能力を必要とします。
  5. 看護は問題解決思考、または未来・創造思考に基づいて目標を設定し、計画・実施・評価のプロセスでは論理的思考能力が求められています。
  6. 看護職は国内ばかりではなく、国際社会に目を向けた活動ができる能力が求められています。

看護学専攻では、以上のことを踏まえ、保健学科の共通理念の人間尊重とヘルスプロモーションの精神を活かし、講義・演習・実習のカリキュラム編成や実施に当たって多くの工夫を凝らしています。
学生の意見もとり入れ、よりよい学習環境を作るよう努力しています。


医学部保健学科 看護学専攻 専門科目

全専攻共通科目
生命科学 栄養・代謝学 形態・機能学Ⅰ 形態・機能学Ⅱ
形態・機能学演習 感染免疫学 基礎遺伝子学
基礎病態学 臨床薬理学
人間科学 保健科学入門 ヘルスプロモーション入門 教育学入門
発達心理学 臨床心理学
情報科学 情報数理科学Ⅰ 情報数理科学Ⅱ 医用物理学
医用工学入門 保健統計学
保健福祉科学 国際保健システム論 国際環境・衛生論 地域保健環境論
保健行政論 社会福祉論

医療系学部共通科目
医療系学部
共通科目
チーム医療論 救命救急医療 カウンセリング
医療経済学 災害危機管理論 ボランティア実践

専攻の専門科目
看護病態学 看護と病態生理 Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ・Ⅴ 感染看護学 看護生理学Ⅰ・Ⅱ
基礎看護学 看護学原論 ケア技術のエビデンスⅠ・Ⅱ 看護人間関係論
看護過程論 健康生活援助論Ⅰ・Ⅱ 療養生活援助論Ⅰ・Ⅱ
基礎看護学実習Ⅰ・Ⅱ
成人看護学 成人看護学概論 成人看護学Ⅰ・Ⅱ 成人看護学実習Ⅰ・Ⅱ
老年看護学 老年看護学概論 老年看護学Ⅰ・Ⅱ 老年看護学実習
精神看護学 精神看護学概論 精神看護学 精神看護学実習
母性看護学 母性看護学概論 母性看護学Ⅰ・Ⅱ 母性看護学実習
小児看護学 小児看護学概論 小児看護学Ⅰ・Ⅱ 小児看護学実習
在宅看護学 在宅看護学概論 在宅看護学 在宅看護学実習
【統合分野】
生涯支援看護学 地域看護学概論 家族援助論 生涯支援看護学Ⅰ・Ⅱ
健康学習支援論 生涯支援看護学実習
看護学統合 統合看護学 統合実習
研究の基礎 卒業研究
※保健師課程 公衆衛生看護学 公衆衛生看護学原論 公衆衛生看護学技術 Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
選択科目 公衆衛生看護学実習 Ⅰ・Ⅱ

>> 各専門科目のシラバスをご覧になりたい方はこちらへ 別ウィンドウで開きます。


医学部保健学科 看護学専攻 入学定員

80名 (10名※)
※( )内の数は、3年次編入学定員で外数


ユニークな講義・代表的な講義の紹介

■コミュニティヘルス看護学領域(老年看護学Ⅰ・Ⅱ)

西田 真寿美 教授 生田 由加利 助教

コミュニティヘルス看護学領域(老年看護学Ⅰ・Ⅱ)

 老年期は人生の一つの段階です。その固有の生活史、人生観、健康観があり、喜びも哀しみも、わたしたちと共にあります。老いに伴う身体機能の衰えはあっても、高齢者が自分の健康問題を自らの意思でコントロールし、できる限り良好な健康状態と生活機能を維持することが望まれます。そして、人生を終えるその時まで、その人にふさわしい日常生活を過ごすことができるよう、生き方の選択を支えるケアが必要です。そこに看護が果たす役割も求められます。
老年看護学では、高齢者とその家族の多様な生活を援助するための基本的な視点と看護の技法を学びます。演習では、地域で暮らす高齢者と出会うフィールドワーク、教員や学生が模擬患者となり対話や援助計画を立て実演する場など、知識と実践をつなぐ学習を深めていきます。


■臨床応用看護学(成人看護学実習Ⅰ)

森本 美智子 教授

ユニークな講義 臨床応用看護学

臨床応用看護学領域(成人看護学実習Ⅰ)

 臨地実習では受け持ち患者を通して全人的なケアを学びますが、学生が患者の急変に遭遇することは殆どありません。成人看護学実習Ⅰでは病棟実習終了後、学生が自己の臨床判断能力や患者対応力の習得度を確認できるよう、医療教育統合開発センターの医師らの協力を得ながら、高性能機能シミュレーターを用いてより実践に近い形で演習を行っています。学生は,急変を想定した事例シナリオを基に、実習での経験・学びを活かしながら小グループでディスカッションとロールプレイを繰り返し、刻々と変化する患者の状態に対応した実践を行います。ここでは躓きも経験しますが、振り返りを行うことで学びを深化させます。演習を通して学生は、臨床で患者に対応するためには、高度なコミュニケーション能力や判断力、現象を見極める力、スキルが求められていることを再確認し、新たな課題を見つけて次の実習に進んでいきます。

■成育看護学領域(小児看護学Ⅰ-Ⅱ)

猪下 光 教授

成育看護学領域(小児看護学Ⅰ・Ⅱ) 猪下光教授
 赤ちゃんの出生前(胎児期)から始まって、新生児期、小児期、思春期を経て、次世代を生み育てる親(母性・父性)世代の心身の健康まで、広く生涯を見据え、リプロダクションのサイクルを連続的・包括的に捉える看護を意味しています。「人に対する優しさ」を根底に、医療チームの中で「協調と連携」しながら看護を実践します。
成育看護学領域には、小児看護学、母性看護学、助産学が属します。
その中の小児看護学では、2年前期~3年前期に子どもの成長と発達の特徴と健康、病気の子どもへの看護を学び、3年後期~4年前期には岡大病院小児病棟と外来で実習します。2年後期の小児看護学Ⅰの授業では、病気や治療について子ども自身が納得できるような説明のしかた、子どもの不安・緊張・恐怖心などを最小限に抑えるケア「プレパレーション(心の準備)」、子どもおよび両親の対処能力を引き出す環境づくりについて、グループワークを通して学びます。