保健学科の特色

伝統と歴史、実績のある医学部保健学科

明治3年岡山藩医学館が設置され、岡山医科大学を経て昭和24年岡山大学医学部となりました。岡山大学に既設の専修学校(医学部附属の看護学校、診療放射線技師学校、臨床検査技師学校)、および各種学校(医学部附属助産婦学校)は、岡山大学医療技術短期大学部を経て、平成10年10月医学部保健学科となりました。
このような伝統と歴史を持つ保健学科は、1学年看護学専攻80名、放射線技術科学専攻40名、検査技術科学専攻40名の学生を受け入れ、同キャンパス内の医学科はもとより、岡山大学病院と、教育研究・臨床実習など綿密に連携しています。

岡山大学医学部組織図

全国的にも特色ある教育

チーム医療・地域保健医療活動のリーダーとなれる人材、および医療の実践と研究を通して医療技術科学を確立できる人材の育成を目指しています。そのために学部においては、『高い臨床能力』、『豊かな人間性』、『独創的創造力』を養う教育を行っています。そして看護師、保健師、診療放射線技師、臨床検査技師を養成するだけでなく、高度専門職業人、教育・研究者になることを視野に入れた大学院への進学に相応しい人材を養成します。

医療技術科学を確立できる人材の育成

豊かな人間性を育みます

総合大学でのキャンパスライフ

岡山大学は11学部を擁する総合大学です。他の専攻や学部との共通講義あるいはサークル活動などの課外活動を通して様々な視点・考えを持った多くの学生と交流があります。岡山大学には、相互理解を深めながら広い視野を持った医療従事者を育成する環境があります。

幅広い教養教育と高度な専門共通科目

 教養教育科目としては、主題科目、個別科目、外国語科目のほか、ガイダンス科目「チーム医療演習」があります。また専門基礎科目として、全専攻共通の「生命科学」(栄養・代謝学や感染免疫学など)、「人間科学」(保健科学入門やヘルスプロモーション入門など)、「情報科学」(保健統計学など)、「保健福祉科学」(国際保健システム論や地域保健環境論など)があります。さらに医療系学部共通のチーム医療論、救命救急医療、カウンセリング、災害危機管理論などがあります。

さまざまな施設を擁する岡山大学津島キャンパス

さまざまな施設を擁する
岡山大学津島キャンパス


独創的創造力を養います

課題探求・自己解決能力の育成

独創的創造力の強化には、自分の力で課題を発見し、それを解決する方法を考えて実行する能力が欠かせません。例えば、チーム医療演習では、取り組むテーマについて課題の発見やその解決に必要な知識や情報の収集・整理を学生が自主的に行い、お互いに議論しながら解決方法を考える力を養います。

卒業研究

現代の医療従事者には日常業務への従事以外に、研究活動を遂行する能力も求められています。卒業研究は担当教員の指導の下、学生が自ら研究の計画・遂行ができるようになることを目的として、4年生の間に関係論文の検索から研究成果の発表に至る各手順を習得します。


国際的視野を身につけます

保健学科に在籍中には、国際的な視点からの講義科目の受講が可能です。そして、皆さんの海外経験を応援するため、国内での積極的な国際交流や、短期留学の紹介(国際センターと連携)、協定校のある東北タイ研修旅行などを組織的に実施しています。またチーム医療演習などでも海外研修を行っています。知識だけではなく、自分自身の体験を通して国際的な動向を学び、感じ取り、将来は国境を越えた幅広い分野で活躍することができる人材を育成します。

『大学グローバル化の大波、みんなで漕ぎ出しましょう』

チーム医療演習海外班

 昨年度から、“新入生”が海外の医療現場を体験する短期研修が始まりました。
授業「チーム医療演習」の一環です。医療のグローバル化に向かい、英語によるコミュニケーション能力のレベルアップを目指します。初年度は海外班学生25名が台湾の病院と医学大学での研修に参加しました(二班編成、8月下旬、3泊4日)。現地の病院スタッフの前で英語によるプレゼンテーションを行うことが第一目標でした。発表テーマと内容、英語は、学生が練り上げたもので、現地病院スタッフに好評でした。今年度、海外派遣人数は増やします。昨年度叶わなかった現地コメディカル学生との交流を考えています。


高い臨床能力を身につけます

岡山大学病院での臨床実習

臨床実習は保健学科と同じキャンパス内にある岡山大学病院を中心に行われます。大学病院ならではの充実した設備環境の中で、経験豊かな先輩方の指導の下、看護師、診療放射線技師、臨床検査技師として必要な実践的技術を身につけることができます。

チーム医療の実践教育

現代の在宅・地域医療や高度先端医療には多くの医療関係職種が参加するため、チームワークと責任ある判断ができる能力が求められます。保健学科では、学生が専攻の枠を超えてひとつのチームを構成して課題に取り組むチーム医療演習をはじめ、チーム医療においてそれぞれの役割を果たすことができる人材を育成する実践教育に力を入れています。

解剖実習

医療従事者として欠かすことができない人体の解剖学的、生理学的知識を身につけるため、岡山大学では教科書を用いた講義スタイルの学習だけではなく、全国的にも珍しい取り組みとして、解剖実習を見学したり、実際に行ったりしています。例えば、形態・機能学演習、画像医学、および画像解剖学実習では、解剖実習を通して人体の臓器の形態と構造およびそれらの生理機能について理解を深めます。

WBT(Web Based Testing)

WEBを使って行う学力達成度試験です。岡山大学は大学としての学位授与の方針(DP:ディプロマポリシー)、それに合わせた教育課程の編成(CP:カリキュラムポリシー)、入学者受入の方針(AP:アドミッションポリシー)を定め、学部・大学院を通じて、学士・修士・博士・専門職学位を与える課程、すなわち「学士課程教育」という考え方を推進しています。保健学科も同様にDP、CP、APを明確に定め、カリキュラムや授業改善、学生指導の見直しを行い、「学士教育の質保証」という観点から独自に問題を作成し、全国に先駆けてWEBを使った試験を行って、臨床・臨地実習を始める直前の学生の学力達成度を確保しています。

解剖学実習

『百聞は一見にしかず』 人体の構造を理解する上で、自分の目と手で、本物の人の臓器の形、色、大きさ、重さを体験させていただくことは極めて重要です。本物から学ぶことにより、教科書や他の講義・実習においても、人体の構造の正しいイメージが湧き、内容の深い理解に繋がっていきます。
貴重な献体のご協力のもと、学生は解剖知識を得る以外にも、良き医療人になるための、実り多い有意義な学びをさせて頂いております。

解剖学実習
解剖学実習を終えて
検査技術科学専攻

検査技術科学専攻では、2年次のときに解剖を実際に体験することができます。これは全国でも珍しい取り組みです。解剖学の講義で学んだことを基に解剖の実習を行っていきます。講義の時に見る絵や写真は平面であり理解しにくいところもありますが、実習で立体的に見ることができるので理解の助けになります。個人的には心臓の構造についての理解が一番深まりました。また、実習を通して医療人になるという意識が一層高まりました。

チーム医療演習

連携能力、コミュニケーション能力、課題探求能力を持つコメディカルの育成を目指す授業です。
看護学、放射線技術科学、検査技術科学の3専攻の学生8~10名を一つのチームとして保健・医療から問題や課題を見つけ出します。そして、その解決に必要な知識や情報を自主的に集めて整理し、互いに討議しながら解決方法を考え、その成果を発表する科目です。

チーム医療演習