キャンパスライフ紹介

キャンパスライフ看護学専攻

▲クリックで拡大します。

 看護学専攻では、3年次の2学期までに教養科目や看護学の専門的な知識や技術を学びます。その後、岡山大学病院でのより実践的な臨床実習が始まります。大学病院は、同じ敷地内にあり実習後に自己学習できるので便利です。
 私は、3年次より保健師課程に入り、講義が増え忙しくなったけれど、地域での保健活動について深く学ぶことができ、自分のやりたいことや目標が明確に見えてくるようになりました。また、部活では、友達や先輩とのつながりも増え、アルバイトでは、社会人としてのマナーを学ぶとともに他大学の学生との交友も広がり、充実した日々を過ごしています。皆さんも、岡山大学で楽しく充実したキャンパスライフを送りませんか。

一か月の収支例
キャンパスライフ放射線技術科学専攻

▲クリックで拡大します。

 放射線技術科学専攻では、2年次から医療や放射線に関する専門的な授業が増え、学習意欲が高まりました。
 3年次からは大学病院内での実習やインターンシップなどを通して、実際に医療の現場を見学し、実技を学びます。岡山大学ならではのサポートで自分の将来についてのイメージがより明確になり、目標を持って学習できます。第1種放射線取扱主任者試験にも挑戦します。
 私は課外活動にも力を入れています。津島キャンパスの陸上部に所属し、週5日程、練習をしています。部活動でも目標を持って日々頑張っています。様々な学部の人と交流することで、専門外の分野の知識を得られるだけでなく、コミュニケーション能力も上がりました。また、アルバイトも週2~3回しています。
 このように岡山大学では、学業、部活動、アルバイトを両立できる環境が整っており、充実した生活を送っています。皆さんもぜひ岡山大学で魅力あるキャンパスライフを送りましょう。

一か月の収支例
キャンパスライフ検査技術科学専攻

▲クリックで拡大します。

 私は臨床検査技師になるという目標をもって日々勉学に励んでいます。検査技術科学専攻では、1年次に教養教育科目や他専攻の学生と一つのテーマについて討議するチーム医療演習があり、2年次からは専門的な講義が増え、実際に検体を使った解剖実習や細菌を培養して病原菌を特定する微生物学実習などがあります。3年次では臨床的な講義や実習がさらに増え、新しい知識や技術の習得に伴って勉学の意欲もかき立てられます。
 講義や実習がない時には部活やアルバイトをしたり、友人と24時間利用できる図書館で授業の復習や新たな知識を習得したり、構内にあるカフェへ行ったりと充実した生活を送っています。
 また4年次からは病院実習も始まり、大学病院ならではの充実した環境の中で経験値の高い医療従事者の方から指導を受けられることも魅力です。皆さんも岡山大学で医療や臨床検査について学びませんか。

1か月の収支例