キャンパスライフ紹介

キャンパスライフ看護学専攻

▲クリックで拡大します。

 看護学専攻では、チーム医療演習を通して親交を深めたり、解剖学実習で医学科の学生と一緒に献体を実際に見て触れて学んだり、学生との交流を通し、学ぶ機会があります。2年次では病院で実習し、患者さんと出会い学ぶとともに、学内では魅力的な講義で様々なことを勉強しています。年々と学ぶ量は増えますが、夢に一歩ずつ近づいていると実感でき、頑張るぞと前向きな気持ちになれます。ピアノ部に所属し、病院や幼稚園訪問での演奏も行っています。
 4年間の大学生活では、勉強はもちろん部活動やアルバイト、大学でできた友達との交流など楽しくて充実した日々が待っています。皆さんも自分の夢に向かって岡山大学で一緒に学んでみませんか。

一か月の収支例
キャンパスライフ放射線技術科学専攻

▲クリックで拡大します。

 放射線技術科学専攻は、2年次から本格的に専門領域の科目が増えます。そのため、気合も入り、将来の自分の姿がイメージできるようになりました。とても面白いですよ。
 放射では2年次から3年次にかけて、自己学習のための講義のない期間を設けることができ、インターンシップなどやりたいことができます。少なくない数のクラスメートが語学留学や、海外の病院体験に出かけました。一人一人に合わせて柔軟に、世界に目を開くように導かれます。これは岡山大学ならではのサポート制度なのですよ。
 3年次後半からは岡大病院での臨床実習が始まります。先輩からは、最先端の医療環境の中で、何を身につけなければならないのか、課題と目標が現実的なものになると聞いています(キビシそう!が本音ですが)。夏には第1種放射線取扱主任者試験に皆で挑みます。
 私はテニスサークルに入っています。練習は週に2回程度ですが、保健学科の先輩や後輩、医学科や歯学部の皆さんとも一緒に活動しており、このつながりは今後の私の財産になると思っています。
 アルバイトは週2回から3回です。学業、部活動、アルバイトをそれぞれ存分に取り組めて充実しています。みんな、岡山大学で魅力あるキャンパスライフを送ろうぜ!

一か月の収支例
キャンパスライフ検査技術科学専攻

▲クリックで拡大します。

 検査技術科学専攻では、約40名の同級生と共に臨床検査技師になるため、勉学に励んでいます。1、2年次生のうちに教養教育科目を勉強し、学年が上がるごとに専門性の高い授業や実習が増えていきます。実習には、細菌を培養し、特定する微生物学実習や、血液についての検査法を学ぶ血液検査学実習等があります。特に、岡山大学では解剖の実習があり、検査技術科学専攻の学生はメスをもち、1から解剖を進めていきます。実習ではそれまで座学で学習してきた知識と技術が一致する喜びを感じることができます。4年次には研究や病院実習があり、病院実習では、実際の医療現場の雰囲気や技術等を学ぶことができます。
 講義がない時や、休みの日などは皆、部活やアルバイトに励んだり、友人と遊びに行ったり、大学生活を満喫しています。テスト前には24時間利用可能な図書館で集中して勉強したり、友人と意見を交換したりすることができます。
 岡山大学では、4年間のうちに、技術や知識だけではなく、医療従事者としての心構えや考え方も身につけることができ、人間として成長することができます。
 同じ目標を目指す仲間と一緒に、岡山大学で医学や臨床検査について学びませんか。

1か月の収支例